読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さく穏やかに暮らしたい

物を減らして心穏やかに暮らしたい主婦の日記。

ご報告

無事に元気な男の子を出産しました。

感謝の思いでいっぱいです。

慌ただしい日々が続きそうですが、

愛しくてたまらない我が子たちとの時間を、

大切に過ごしていきたいと思います。

 

読んで下さり、ありがとうございました^^

臨月

いよいよ臨月です。

どんな風に出産を迎えるのか、ドキドキしてきました。

数日前から息苦しさがマシになり、周りから「おへその位置が下がったね」と言われるように。

 

上の子の時と同じように、あまり体調のいい時期がなかった妊娠期間だったけれど、去年ミニマル志向になったおかげで、持ち物を減らしたり家事を合理化したりした事が大きなアドバンテージとなりました。

1日のほとんどを寝込んで過ごしても、大きく家が荒れるとか、食卓が整わないということがなかったです。

物が少なくなって、夫も物の位置を把握出来ているので、家事もスムーズに協力してもらえました。

 

マタニティグッズもほぼ買い足さず。

(真夏のマキシワンピースとレギンス数着のみ)

赤ちゃんグッズも買い足さず。

(あっ、上の子のために車のジュニアシートは買いました)

もし、どうしても必要な物が発生したとしても、今はすぐに買う手段があるので、便利ですね。

 

産後も、ミニマルな暮らし、シンプルな暮らしは自分なりに追求していきたいなと思います。

 

出産は怖いけど、赤ちゃんに会えるのは楽しみです。

病院のエコーはいい機械じゃないので、我が子は白黒のミイラみたいな画像でしか見られません^^;

どうか、今回は私の目が遺伝していませんように(祈)

 

読んで下さり、ありがとうございました^^

 

近況

まもなく妊娠9ヶ月になります。

 

なんとか生きています(涙)

 

妊娠7ヶ月の頃から、たびたび脳貧血に悩まされ、最寄りのスーパーにすら一人で出かけられなくなりました。

 

血液検査では貧血ではないのに、血流が脳に行きにくくなっているために、突然冷や汗をかき、手足がしびれて欠伸が出て、視界が暗くなり、そのまま倒れてしまうのです。

最寄りのスーパーで買い物中に立て続けに2度もこれが起こり、そこから一人での外出禁止となりました。

どちらの時もたまたま実家の母と一緒だったので、連れていた息子に危険が及ばずに済んでよかったです。

 

息子は元気いっぱい。

最近急におしゃべりになって、ずーっと話しかけてきます。

絵本が大好きで、毎日10冊近く連続で読んでくれと持ってきます。

そんな姿はものすごく可愛くて、応えてあげたいけど、呼吸苦が強くてなかなか読んであげられないこともあります。

 

何かと、一人目の妊娠中とは違う。

あの頃は、自分の事さえ何とかすればよかったから…

 

つい最近は、妊娠30週過ぎての逆子発覚で、ちょっと焦りました。

冷えにはとても気をつけていたのに、どうしてこうなってしまったのだろう…と落ち込みもしました。

けど、起こった事に理由を求めすぎてクヨクヨする時間は勿体無いと思い直しました。

 

体調のことも、赤ちゃんの向きのことも、その他もろもろのことも、

起こった事を静かに受け入れて過ごす練習をしているのだなと思います。

 

どんな出産になるのか、誰にも分からないけれど、起こる事を受け入れて、

「無事生まれてきてくれたから全てよかった」と思うことが出来ますように。

 

一人目の出産の時は、痛くて、不安で、身体がガチガチでした。

たまたまお産が立て込んでいて、スタッフの手も回らず、4月だったので赴任したての医師と助産師の意見が揃わず目の前で言い合いをするし、出産は辛い経験となりました。

生んでからも、大部分の助産師は赤ちゃんの扱いが雑で、仕事に対する想いが感じられませんでした。

自分も産婦人科病棟で働いていた身としては、こんな病院があったのか!とショックを受けて…

私が勤めていた病院の助産師は皆、詰め所で赤ちゃんを笑顔で抱っこして、「かわいい かわいい」と言っていたので、それが普通と思っていたのです。

 

今回は家から少し距離は遠くなるけど、医師と助産師の評判がいい病院に変えました。

 

おそらく人生最後となる今回の出産。

是非とも前のお産のトラウマとさよならしたいです。

アナログなやり方もいい

より少ない物で暮らす方法のうちの1つに、電子化の活用があります。

私は本やCDをデータ化して、たくさんの持ち物を減らす事が出来ました。

私の場合は写真や日記もiPod touchの中に入っています。

 

夫は電気機器の類が苦手で、アナログなやり方を好みます。データより実物。

 

結婚して、家計簿をつけようとなった時、私はアプリを使って管理しようと考えました。

けれど我が家はお小遣い制ではなく、夫も私と同じように必要な分をその都度生活費から使うスタイルなので、一人でやるには限界がありました。

なので、夫がどこからか(おそらく100均?)買ってきたノートに二人で家計簿をつけています。

手書きでやるせいで、集計は電卓でしなければいけません。

(そこは経理職の夫に任せています)

アプリでやった方がスマートな感じがしますが、このやり方に愛着も感じています。

今月は飲み会が多かったなぁとか、

この日に散髪に行ったとか、

この時風邪ひいてて病院通いだったなぁとか。

夫の字で、彼の日常の些細な事が記録されていて、見ていると面白いです。

私や息子の事も記録してあるので、二人でたまに家計簿を見て、

「この月は調子に乗って遊びまくったね」とか「この月は風邪をうつしあって医療費がかかりまくったね」とか思い出話をします。

 

もう息子は2歳を過ぎているのだけれど、育児日記もアナログにつけていればよかったかなぁと今更ながら思います。

机に向かう余裕がなくて、アプリに記録するだけになっていました。

 

f:id:chiisaku:20160701201101j:image

 

息子が生まれて半年ほど経った頃、義母から大きな箱が送られてきました。

 

「これを息子のお嫁さんに渡すのが、昔からの私の夢でした」と手紙にありました。

夫の生まれた時から大学生になるまでのアルバム、誕生から1年間毎日日記が綴られたカレンダー、義妹が生まれた頃の日記(夫が赤ちゃん返りをして大変だった様子)、最後まできちんと書き込まれた母子手帳

 

慣れない育児で疲れきっていた私は、それを見て涙が止まらなかったです。

 

義母が初めての育児に悩み苦しみながらも、愛情たっぷりに夫を育ててきた事が胸に迫ってきて、これは私の宝物になりました。

 

あの時、自分もちゃんと形に残るように息子の事を残したい!と思ったのに、結局出来ていません。

もう遅いかもしれないけど、二人目も生まれるので、手書きの育児日記にチャレンジしたいです。

毎日は無理だと思いますが…^^;

 

息子たちが成長してから夫婦でそれを見て語り合ったり、

もしお嫁さんが来てくれたら義母がしてくれたようにプレゼントしたいです。

 

読んで下さり、ありがとうございました^^

 

 

 

好きなテレビ番組

f:id:chiisaku:20160621224301j:image

 

普段決まって観る番組は特にないのですが、

最近知って、楽しみにしている番組があります。

 

オードリーの若林さんがMCをされている、「ご本、出しときますね?」という番組です。

作家さんがゲストのトーク番組です。

 

昔から、書評の番組とか、作家さんがゲスト出演するトーク番組が大好きです。

懐かしいですけど、児玉清さんが出ていた「週刊ブックレビュー」とかよく観ていました。

 

「ご本、出しときますね?」は、オンタイムでは観られないので、後でテレビ東京からアプリで配信されているものを視聴しています。

最新の回のゲストは、作家の角田光代さんと西加奈子さん。

とっても面白くて、何度も笑いながら観ました。笑えるだけじゃなく、興味深い話題もある番組です。

次の回で第1シーズンが終わってしまうそうで、すごく残念です。

もっとこの番組の存在に早く気付きたかった(涙)

 

今は子育て中で、じっくり本を読んだり出来ていないけど、やっぱり本やその周辺のものが好き。

飽きっぽい私がずーっと好きな物のうちの1つです。

 

第2シーズンもやってくれますように(祈)

 

読んで下さり、ありがとうございました^^

家は大きくなくていい

子供の頃、母は私によく「あんたは大きくなったらきっと大きなおうちに住んで、幸せになるよ。」と言っていました。

母の頭の中で、

大きな家に住む=幸せ

という図式が成り立っているみたいです。

月日は流れて、私は結婚し、母になりました。

私たち家族がいま住んでいるのは、3LKで65平米ほどの賃貸住宅。

親子3人で暮らすには十分な広さだと感じています。子供がもう一人増えてもしばらく困る事はないかなと思います。

実家の両親は、

「いつになったら娘を一戸建てに住まわせてくれるのだろう」とヤキモキしているようです。

それが両親にとっては幸せの象徴だからだと思います。

でも、私はいまの家が結構好きです。

必要な物を持てていて、子供が安全に遊べて、何だか落ち着く家。

今後、一戸建てに引っ越すとしても、希望する暮らしをするのに最低限の大きさにしたいねと夫と話しています。

 

我が家はいわゆる公団で、古くて家賃が比較的安く、生活費を抑えられます。

その分、今のように夫の収入だけで暮らしたり、2歳の息子を幼稚園の有料の保育に行かせたり、貯金したりする事が出来ます。

幼稚園の保育を使うのは、3歳児神話の支持者である夫からすると、はじめは不本意な事だったようですが、

行き始めて息子がとても楽しそうにしていて成長が見られるので、

こういう事のためにお金は使いたいと今では言うようになりました。

ただし、家の外観は結構みすぼらしく、おしゃれさのかけらもありません^^;

家の中もいわゆる昔の間取りで、私も夫もインテリアのセンスがないので、すごく地味です。

 

f:id:chiisaku:20160618224843j:image

 

弟夫婦は、それぞれ独身時代からインテリアが大好きで、結婚したら絶対大きくておしゃれな家に住むんだと夢見ていました。

そして、結婚して1年後には早速素敵な家を買いました。

弟の家は、外観もキレイだし、中も雑誌に出てきそうな洒落た雰囲気です。

まだ若い夫婦ですし、義妹は妊娠中に予定外に仕事を辞めてしまったので、月々の支払いは中々大変だそうです。

だから、早く子供を産みきって働きたいし、今の状態だと我が家のように子供を保育に行かせる事は出来ないと言います。

でも、思い描いた家に住む事が出来て、とても満足しているようです。

「姉ちゃんも一戸建てに引っ越せばいいのに、なんで?」としょっちゅう言われます^^;

 

結局、幸せの形は人それぞれ。

家は大きくても大きくなくても人は幸せになれる。

今のところ我が家は大きくない家がフィットするなぁと感じています。

 

読んで下さり、ありがとうございました^^

 

忘れられない人、そして本

最近、人との対話を通して思い出した事がある。

 

私、めちゃくちゃ暗い子供だったなぁ、と。

 

f:id:chiisaku:20160616034448j:image

 

親の不仲だったり、行きすぎた躾だったり、単に思春期だったせいだったり。

理由はいくらでもあったのだろうけど、

とにかく、

「私は生きてちゃダメな子なんだ」という意識に苦しんでいた。

 

何で生きているのかな、

何のために生まれてきたのだろう、

そんな事ばかり考えていたあの頃。

 

本を読んでいる時間だけは、嫌な事を忘れられて、ひたすら読んでいた。

 

高校で担任になった先生は、私の中の空虚を見抜いてすぐに声を掛けてくれた。

何年も後に聞いたところによると、

「このままじゃこの子は潰れてしまう」と思ったからだったそうだ。

 

当時の週末、母は弟達の部活動の応援で忙しく、父は自分の実家に通っていて、

私はいつも一人だった。

地元の友達と遊ぶ事もなく、どうやって過ごしていたのか思い出せない。

最近になって、母に、

「私、何年も週末放ったらかしで一人だったよね。」と言ったら、

「そうだったね。今思うとどうしてあんな事出来たのか自分でも分からないわ。

ごめんね。」と言われた。

 

先生は、毎週末近くの駅まで迎えに来てくれて、自宅に招いてくれた。

涙もろくて優しい奥さんと、両親に愛されて育ったのがとてもよく分かる娘さんがいつも迎えてくれた。

先生も奥さんも、

「かなちゃんは我が子と同じくらい大事だよ」と言って、

本当にその言葉通り大切にしてくれた。

 

先生は、数学の先生で、いわゆる理系の人なのだけれど、文学の世界にも通じていて、英語やドイツ語も読み書きできた。

自宅の本棚から、よく本を貸してくれて、私の感想をいつも丁寧に聞いてくれた。

 

それまでも活字好きだった私だけど、

先生という導き手に出会って、文学の世界にのめり込むようになっていった。

読んだものの中でも衝撃的だったのは、

ドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」という作品だった。

 

それから十数年後、30歳になった私。

先生との出会いのおかげで、

もう自分は生きてちゃダメだとは思わなくなっていた。

30過ぎて恋人がいない私を気にしてくれた人がいて、

「ちょっと会ってみない?」と紹介された男性は、しゃべってみると、

会社員だけど大学が数学科卒業で、数学の教師の資格を持っている事が分かった。

大好きな先生と同じ数学畑の人なんだと思うと、親近感が湧いて、

話も合うし、この人ともっと会いたいと思った。

 

4回目のデートの時、高校生の頃の話になって、

当時カラマーゾフの兄弟という本にハマって、その中の登場人物であるイワンに熱中していたという話をした。

 

何故だか分からないけど、彼はその話を聞いて、

「こんな面白い人は他にはいない、この人と結婚したい」と思ったそうだ。

 

そして、それから約3カ月後に私たちは結婚した。

 

十代の頃、その歳なりに苦しんでいたからこそ、先生に出会い、1つの文学作品に出会った。

そして今の私に繋がっている。

 

これが私にとって忘れる事の出来ない人、そして本の話。

 

読んで下さり、ありがとうございました^^