小さく穏やかに暮らしたい

物を減らして心穏やかに暮らしたい主婦の日記。

ご報告

無事に元気な男の子を出産しました。 感謝の思いでいっぱいです。慌ただしい日々が続きそうですが、 愛しくてたまらない我が子たちとの時間を、 大切に過ごしていきたいと思います。 読んで下さり、ありがとうございました^^

臨月

いよいよ臨月です。 どんな風に出産を迎えるのか、ドキドキしてきました。 数日前から息苦しさがマシになり、周りから「おへその位置が下がったね」と言われるように。 上の子の時と同じように、あまり体調のいい時期がなかった妊娠期間だったけれど、去年ミ…

近況

まもなく妊娠9ヶ月になります。 なんとか生きています(涙) 妊娠7ヶ月の頃から、たびたび脳貧血に悩まされ、最寄りのスーパーにすら一人で出かけられなくなりました。 血液検査では貧血ではないのに、血流が脳に行きにくくなっているために、突然冷や汗を…

アナログなやり方もいい

より少ない物で暮らす方法のうちの1つに、電子化の活用があります。 私は本やCDをデータ化して、たくさんの持ち物を減らす事が出来ました。 私の場合は写真や日記もiPod touchの中に入っています。 夫は電気機器の類が苦手で、アナログなやり方を好みます。…

好きなテレビ番組

普段決まって観る番組は特にないのですが、 最近知って、楽しみにしている番組があります。 オードリーの若林さんがMCをされている、「ご本、出しときますね?」という番組です。 作家さんがゲストのトーク番組です。 昔から、書評の番組とか、作家さんがゲ…

家は大きくなくていい

子供の頃、母は私によく「あんたは大きくなったらきっと大きなおうちに住んで、幸せになるよ。」と言っていました。 母の頭の中で、 大きな家に住む=幸せ という図式が成り立っているみたいです。 月日は流れて、私は結婚し、母になりました。 私たち家族が…

忘れられない人、そして本

最近、人との対話を通して思い出した事がある。 私、めちゃくちゃ暗い子供だったなぁ、と。 親の不仲だったり、行きすぎた躾だったり、単に思春期だったせいだったり。 理由はいくらでもあったのだろうけど、 とにかく、 「私は生きてちゃダメな子なんだ」と…

なくても違和感がなかったもの

GWに義理の実家に帰省してから、1か月ほど経ちました。 夫の両親は、とても慎ましく暮らす人たちです。 あまり物を買わず、ずっと同じものを長く使い続けます。 夫の幼稚園時代のブランケットが今でも大切に置いてあるし、いつでも使えるように洗濯されてい…

休日の過ごし方

土日は夫に息子と遊んでもらえる貴重な時間。 最近は、土日のうち天気のいい方の日に近くの公園や博物館に出かけて息子を遊ばせ、もう片方の日は家にいて息子を遊ばせながら掃除やメンテナンスをしたり、近所を散歩したりします。 どちらの日も、いかに息子…

思い出したこと

昨日の記事で、 「ご主人は気持ちを分かっていてもうまく言い表せないのでしょう」というコメントを頂いて、そうかもしれないなと思いました。 夫は、私みたいに何でも言葉に出すタイプの人ではありません。 結婚する直前に、夫と二人で読んだ本があります。…

素直に聞けない言葉

昨日の夜、モヤモヤしながら布団に入りました。今も思い出すと少しモヤッ。 原因は夫の言葉。 今月は仕事がたてこんでいて、帰りが遅くなった夫。 23時を過ぎていたので、息子はもう夢の中。 私は、夫の分の夕食を用意し、夫が食べる間は横に座って、しゃべ…

ミニマリズムへの思い

最近、いわゆるミニマリストの方達のブログを覗く事が少なくなりました。 私の中でその手の情報は飽和状態になったみたいです。 だから、生き方が素敵だなと思う人のブログを少しだけ読んでいます。 物を減らす事やそれによって達成される合理化については、…

最近知ったキャベツの使い方

何となく、気軽にブログを書きたい気分です。 最近、食欲が増していて、体重コントロールのストレスが大きくなっています。 間食したくなるのを抑えるために、食事の時に、キャベツをたくさん食べるようにしました。 よく作るのが、塩をして水気を絞ったキャ…

子供の耳のこと

先月、息子が風邪を引いて、40度を超える熱が5日ほど続きました。熱が引いてからも鼻水や咳がひどく、見ていてかわいそうでした。ようやく落ち着いてきたので、ホッとしかけたものの、最近妙に耳を触る息子の様子に嫌な予感。中耳炎?それとも耳垢の溜まりす…

最近の読書スタイル

ミニマルな暮らしを目指すようになって、思い切って本を減らし、出来るだけ図書館で借りて読むようにしています。けれど、新しいもの好きな私は、新刊も読みたいと思うことが多いです。物が増えるのが嫌で我慢していましたが、最近は、買って読んで手放す、…

今を味わう

お腹の赤ちゃんは元気に成長して、胎動も段々感じやすくなってきました。あぁ、本当に二人の子供の母になろうとしているのだなぁと実感し、幸せを感じると共に、不安も感じます。私は、元々子供が好きなタイプではなく、家庭的でもなく、自分の思い描く「よ…

老後に娘が必要か?

二人目が出来て、周りから言われるのは性別のこと。うちは一人目が男の子だったので、「今度は女の子がほしいでしょ?」とか、「今度は女の子がいいね!」と言われます。その流れで、「老後には娘がいた方が絶対いいよね〜!息子なんて嫁に取られて終わりだ…

四月が過ぎて

ようやく安定期に入りました。少しお腹がふくらみ始め、胎動らしきものを感じて、お腹の赤ちゃんの存在を愛おしく感じます。四月の振り返り。四月は我が家にとっては特別な月で、結婚記念日と息子の誕生日があります。3回目の結婚記念日を迎え、結婚生活は4…

今じっくり読んでいる本

ミニマリストのオズさんこと、尾崎友吏子さんの初の著者「3人子持ち 働く母の モノを減らして 家事や家計を ラクにする方法」を、今じっくり読んでいます。3人子持ち 働く母の モノを減らして 家事や家計をラクにする方法 | 尾崎友吏子 | 株式会社KADO…

他人事ではない災害

テレビをつけると、熊本地震のニュースがずっと流れています。早く地震がおさまって、被災者の方々が日常を取り戻していけますよう、祈るばかりです。今の自分に出来ることは、祈ること自分自身の災害対策を見直すこと義援金を送ること平成28年熊本地震義援…

ぬか漬け始めました

昔から漬け物が大好きで、実家で暮らしていた頃は何かしら毎日食べていました。結婚してからは、自分で漬けるのはハードルが高くて、ご飯の友は専らちりめんじゃこでした。ぬか漬けって、スーパーで完成品が売られているけど、高いし、表示を見てみたら「ア…

「きょうだいリスク」を読んで

つわりが終わらず、長く立っているとお腹が張る感じがするので、家で息子と遊んだり本を読んだりする日々です。体力が有り余っている息子を満足に遊ばせてあげられず、申し訳ないです。。。先日、こちらの本を読みました。朝日新聞出版 最新刊行物:新書:き…

体の声を聴く

桜が美しい季節になりました。2年前、臨月のお腹を抱えて花見をした日が遠い昔のように感じます。1日1日を何とか耐えながら過ごし、少しだけつわりがマシになってきました。最近は、今までよりも増して、「体の声を聴く」事を大切にしています。今なら家事…

友達と再会して、考えた事

先日、高校時代から仲良くしている友達から、急に「今日会えない?」と連絡がありました。その友達は結婚して遠方に住んでいるので、お盆か年末に会う程度だったのですが、最近は都合が合わず更に会えない時期が続いていました。夫が付き添って息子の面倒も…

今こそ穏やかに過ごしたい

体調不良で静養中です。ありがたいことに、お腹に小さな命が宿り、つわりを耐える日々です。まだ安定期まで遠く、毎日が不安との戦いです。どうかどうか、元気に育って無事生まれてきてくれますように。日々祈りながら過ごしています。普段から心配性な私は…

定番を決めることの良さ

もうすぐバレンタインデーです。主婦なので、職場で渡す義理チョコの事を考える必要はなく、買うのは主人の分だけ。今年の分も、昨日無事届いて、冷蔵庫の中で待機中です。都会で働いていた頃は、チョコを買うのに、百貨店の売り場まで行ったりしたものです…

思い出の場所で贅沢な時間

先日、実家の母が息子を預かってお泊まりさせてくれると言うので、ありがたく甘えさせてもらいました。久しぶりに街でのんびり食事が出来るということで、主人とお付き合いが始まって2回目のデートで行ったお店に、約三年ぶりに行きました。お店に着くと、開…

見た目も大事

ミニマルな暮らしを目指すようになって、ただ物を少なくするだけではなく、持つ物の色や柄を以前より気にするようになりました。今までは、物がたくさんあって、生活するのに必死で、管理が行き届いていませんでした。部屋が全体的にごちゃごちゃしていて、…

厄が明けました

立春を迎え、ようやく厄が明けました。…と書くと、年齢バレバレなのですが、私は昭和57年生まれです。女性は数え年で33歳が大厄と言われていて、前後一年も気をつけるべき年だそう。ようやく後厄の年が終わり、なんとなく気持ちがホッとします。前厄の時から…

手のお手入れについて

2月になって、そういえば冬を半分超えたんだなぁと気付きました。学生の頃や、病院薬剤師として勤めていた頃は、この時期に手が荒れてカサカサになっていました。理系だったので、細胞を培養する実験の時はアルコールを多用したし、薬剤師の仕事の時も、清潔…