読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さく穏やかに暮らしたい

物を減らして心穏やかに暮らしたい主婦の日記。

息子の絵本とこぐま社の素敵な取り組みのこと

前回の記事で、自分の蔵書を思い切って処分した事について書きました。
今は、主に図書館で本を借りて読書を楽しんでいます。
図書館にない本で、どうしても読みたい本は電子化されるのを待って購入したりしています。
子供に手がかかるので、なかなかじっくり読む時間がありませんが^^;
自分は本を手放しましたが、息子の本に関しては、全く違う扱いをしています。

絵本は借りずに買う

うちの息子は絵本が大好きなので、息子の本に関しては思い切って買う事にしています。
図書館で借りる事もできるけど、破ったり濡らしたりしないか心配だし、その事で叱るのがイヤだからです。
去年、市の育児講座に参加した時、「1歳代の子供は言われた言葉を理解は出来るようになるけど、それにちゃんと従う事はまだ難しい状態」と聞きました。
それで、叱らずに息子が大好きな絵本に思う存分触れられるように、今は買い与えることにしました。

といっても闇雲に数を増やす事はせず、いわゆる定番の本を少しずつ買っています。
最近息子が気に入っている本たち。
f:id:chiisaku:20160118144600j:image

こぐま社の素敵な取り組みについて

しろくまちゃんのほっとけーき」は、息子が1歳になる少し前に買いました。
こぐま社の絵本についている読者カードを送ると、無料で毎年誕生日カードを送ってもらえると知って買ったんです。
こちらのサイトに詳しくまとめられていました。

息子の1歳の誕生日に届いたカードはこちら。
f:id:chiisaku:20160118145919j:image
フォトフレームに入れて、息子の遊び部屋に飾っています。
絵に温かみがあって、宛名もちゃんと手書きで届きました。
ポストにこれが届いた時、胸がいっぱいになりました。
物を持たない暮らしを目指していますが、これは私にとって必要な物で、大切にしています。

いま息子は1歳8か月。
1歳半を過ぎた頃から急激に内面が成長したように感じます。
その頃から、持ってくる絵本の種類も変わってきました。
これからどんどん変化していくのだと思うと楽しみです。
絵本やおもちゃをどれくらい与えるのか、悩ましいところです。
主人と話し合って、自分たちが大切にしたい事を大切に出来る持ち方を模索していけたらと思っています。

読んで下さり、ありがとうございました^^