読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さく穏やかに暮らしたい

物を減らして心穏やかに暮らしたい主婦の日記。

手のお手入れについて

2月になって、そういえば冬を半分超えたんだなぁと気付きました。

f:id:chiisaku:20160203141328j:image

学生の頃や、病院薬剤師として勤めていた頃は、この時期に手が荒れてカサカサになっていました。
理系だったので、細胞を培養する実験の時はアルコールを多用したし、
薬剤師の仕事の時も、清潔が求められるのでアルコール消毒が必須でした。
それで、どうにか切れないようにと、クリームをこまめに塗ってケアする習慣が身につきました。

今も、家事の合間や息子のオムツ替えの後など、手を洗う事が多いので、きちんとケアすることにしています。

以前はチューブや缶に入ったハンドクリームを使っていましたが、洗って拭いたばかりの手でフタを開けるのは、やりにくさを感じるので、その度にモヤっとしていました。

今は、ポンプタイプのハンドローションを使っています。
marks & webのものは、見た目がシンプルで、ハーブの香りが微かにしてお気に入りです。
もしいつか香りがイヤになってしまっても、無香タイプの物があるので安心です。
洗って拭いた直後の手にすぐに塗っても、スーッとなじんで使いやすいです。
一度にワンプッシュも使っていません。(半プッシュくらい?)
ほんの少しつけるだけで、手の状態が落ち着きます。

ボディローションとしても使えるので、乾燥して痒みを感じる所があれば、そこにも塗ります。
今の時期、私は膝から下の部分に塗る事が多いです。塗るとカサカサが落ち着きます。

置き場所は、キッチンのシンク近く。
食器用洗剤、ハンドソープと並んで置いています。
手を洗った後すぐに目にとまる場所なので、塗り忘れません。
この並んだ姿がなんとも可愛いので、見る度にちょっと和みます。

f:id:chiisaku:20160203141014j:image
(左から:食器用洗剤、ハンドソープ、ハンドローション)

食器用洗剤は、「松の力」という液体の石けんで、これで手も洗えるのですが、
息子の手を洗うのに泡タイプの方がやりやすいので、今はハンドソープを別に用意しています。
この石けんのおかげで、合成洗剤を使っていた頃より、随分手が荒れにくくなりました。

手がカサカサにならないと、自分も気分がいいし、心置きなく息子の柔らかい肌に触れる事が出来ます。
ほっぺを触ったり、おしりを触ったり。
スキンシップをとると、息子は嬉しそうです。
子供の肌って、触ると本当に気持ちいいです。

春が来るまで、しっかりとお手入れを続けて、柔らかい手を保ちたいと思います。

読んで下さり、ありがとうございました^^