小さく穏やかに暮らしたい

物を減らして心穏やかに暮らしたい主婦の日記。

思い出の場所で贅沢な時間

先日、実家の母が息子を預かってお泊まりさせてくれると言うので、ありがたく甘えさせてもらいました。

久しぶりに街でのんびり食事が出来るということで、主人とお付き合いが始まって2回目のデートで行ったお店に、約三年ぶりに行きました。

f:id:chiisaku:20160209150125j:image

お店に着くと、開店時間に予約を入れていたので、席を選ばせてもらえました。
なので、三年前に座ったのと同じ席で食事する事が出来ました。

カウンター席で二人並びながら、料理人の方達の手さばきに見惚れたり、
三年前から今までの思い出を語り合ったり。
1つ1つの料理がとっても美味しくて、大げさだけど、涙が出そうになるほど嬉しかったです。

三年前は、付き合い始めたばかりの恋人同士だったけど、今は夫婦になって、1人の子の親になっている。
慌ただしく駆け抜けてきた日々の重みをかみしめながら過ごしました。

その後、主人が独身のころ一人暮らしをしていた地域に移動して、当時主人がよく行っていた飲み屋さんとバーを訪れました。
どちらの店主も、私たちが初々しい恋人だった時代を知ってくれていて、再会をとても喜んでくれました。
次にこんな風に夜出掛ける機会は数年後になるかもしれませんが、
また同じお店を訪れたいです。
前に訪れた時から経った時間を振り返るのと共に、お店の方達とのご縁を大切にしたいです。
そしていつの日か、成人した息子も一緒に行けたら…素敵な事だなと思います。

f:id:chiisaku:20160209150427j:image

今回、三年ぶりに思い出の店で食事をしてみて、食事だけではない満足感を得られました。
これからも、夫婦や家族単位で大切にしたい場所を持って、数年ごとに訪れるという事をしていきたいなと思いました。

例えば
結婚5年の記念日が来たら、プロポーズの後に行ったお寿司屋さんに行きたい。
とか、
結婚10年の記念日が来たら、結婚式の後に泊まった素敵なホテルにまた泊まりたい、とか。

家族で、小さな1日1日を重ねて、
こういったささやかな夢を叶えていきたいです。

我が家は普段は外食もほとんどしないし、質素な日々の生活も愛していますが、
自分たちにとって思い入れがある所で、たまに贅沢を楽しむ時間というのもまた素晴らしいなと思います。

ちなみに、
三年ぶりに訪れたお店は、大阪市内にある「六覺燈(ろっかくてい)」という串揚げのお店です。
私にとっては高級なお店ですが、思い出の場所ですし、料理が本当に美味しくて、思い切って行ってよかったです。

読んで下さり、ありがとうございました^^