読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さく穏やかに暮らしたい

物を減らして心穏やかに暮らしたい主婦の日記。

友達と再会して、考えた事

先日、高校時代から仲良くしている友達から、急に「今日会えない?」と連絡がありました。
その友達は結婚して遠方に住んでいるので、お盆か年末に会う程度だったのですが、最近は都合が合わず更に会えない時期が続いていました。
夫が付き添って息子の面倒も見ると言ってくれたので、つわりの続く中、思い切って出かけました。

久しぶりに見た友達は、げっそりと痩せていて、何かあったなと思いました。
聞けば、夫からDVを受けていて、耐えられないから子供達を連れてこちらに帰って来たとのこと。
DVといっても、目に見える暴力ではなくて、最近よく聞くようになったモラハラというものです。

私は、このモラハラについて、あの有名人の離婚問題のニュースで初めて知りました。
モラハラについて書かれた物を読んで、とても驚きました。
それは、自分の父親の姿そのままが書かれていたからです。
母は、今でも毎日理不尽な事で父に怒鳴られながら暮らしています。

友達が語る1つ1つのエピソードが、自分が小さい頃から見てきた親の姿そのままで、本当に辛くなりました。
友達はずっとずっと我慢してきたようでした。
子供にとっては父親なのに、離婚して引き離していいのかと悩んでいました。

家族って何なのだろうと考えてしまいます。
形式上、お父さんとお母さんが揃っていることは、見栄えがいいのかもしれない。
けど、モラハラをする夫が子供にだけ良い父親でいられるようには思えません。
そんな父親がいる意味は?
経済的な事情もあるのかもしれませんが…

こんな事を書くと酷い奴だと思われるかもしれませんが、私は母に、
耐え続ける事ではなく逃げる事を選んでほしかったです。
たとえ貧しくなっても。
「本当にお金がない」という事がどういう事が身をもって知らないから言えるのかもしれませんが…
私は安心して暮らす、という事がしたかったです。

家族だから受け入れなければいけない、とか、
お父さんとお母さんどちらもいる方がいい、とか、
そんな事からも自由になっていい場合があるのではないか?
そんな事を考えました。

母の人生も、友達の人生も本人のものであり、私は私の選択をすることしか出来ません。
母も、友達も、笑って暮らせる日が早く来て欲しいと心から願います。