小さく穏やかに暮らしたい

物を減らして心穏やかに暮らしたい主婦の日記。

今じっくり読んでいる本

ミニマリストのオズさんこと、尾崎友吏子さんの初の著者「3人子持ち 働く母の モノを減らして 家事や家計を ラクにする方法」を、今じっくり読んでいます。

f:id:chiisaku:20160421101331j:image

オズさんは、私が「ミニマリスト」という言葉を知るきっかけとなった方です。

私は、夫と出会うまで、まさか自分が結婚するなんて思ってもおらず、
実家暮らしにかまけて、生活というものをまるで知らずにいました。
夫と暮らし始めて、自分があまりに未熟で、
「もっと母さんからいろいろ教えてもらっておけばよかった…」と悔やみました。

何とか暮らし上手になりたいと本を読んでいるうちに、
「シンプルライフ」という言葉に出会い、そのキーワードを通じてオズさんのブログに出会いました。
そこには、自分が知りたかった事がたくさん書かれていました。
無理なく効率的に生活を回していくにはどうしたらいいか、知恵がたくさんありました。
オズさんは私の生活の師匠です。

オズさんのブログを読み続けて、ミニマリストを知り、影響を受けているうちに、
「自分が本当に大切にしたい事は何なのだろう」と考えるようになりました。
それまでは何となく、
もっと働いてお金を貯めなきゃ、
広い家を買わなければ、と考えていました。
けれど漠然としすぎていて、いつも不安でした。

夫に、
「いつも読んでるブログにこんな事書いてあったよ」とか、
「こんな本を読んでみたよ」と紹介するうちに、
「自分達はどう暮らしたいのか」を夫婦で話すようになりました。

話し合ううちに、
今の暮らしにベッドはいらないね、
こんなに服や食器は持たなくていいね、
子供が個室を必要とするのは期間限定だから貸家でもいいかもしれないね、
と、いろいろ暮らしや考え方に変化が出てきました。

「こういう事が自分達にとって大事だよね」と整理すると、
以前よりは漠然とした不安は感じにくく、
何てことはない1日も、
「大切にしたい事を大切に出来た1日」と捉える事が出来て、幸せだなと感じるようになりました。

こういった、
「日々の生活の中で、すでにある豊かさに気付く」という事についても、この本に書かれていて、多くを教わりました。

暮らしをラクにする知恵だけにとどまらず、生き方についても考えさせられる、とても素敵な本です。
この本を読み始めて1週間経ち、いま3周目ですが、読めば読むほど教えられる事があって、大好きな本になりました。

良いことも悪いこともいろいろある日々ですが、大切な事を見失わずに暮らしていきたいです。

読んで下さり、ありがとうございました^^