小さく穏やかに暮らしたい

物を減らして心穏やかに暮らしたい主婦の日記。

家は大きくなくていい

子供の頃、母は私によく「あんたは大きくなったらきっと大きなおうちに住んで、幸せになるよ。」と言っていました。

母の頭の中で、

大きな家に住む=幸せ

という図式が成り立っているみたいです。

月日は流れて、私は結婚し、母になりました。

私たち家族がいま住んでいるのは、3LKで65平米ほどの賃貸住宅。

親子3人で暮らすには十分な広さだと感じています。子供がもう一人増えてもしばらく困る事はないかなと思います。

実家の両親は、

「いつになったら娘を一戸建てに住まわせてくれるのだろう」とヤキモキしているようです。

それが両親にとっては幸せの象徴だからだと思います。

でも、私はいまの家が結構好きです。

必要な物を持てていて、子供が安全に遊べて、何だか落ち着く家。

今後、一戸建てに引っ越すとしても、希望する暮らしをするのに最低限の大きさにしたいねと夫と話しています。

 

我が家はいわゆる公団で、古くて家賃が比較的安く、生活費を抑えられます。

その分、今のように夫の収入だけで暮らしたり、2歳の息子を幼稚園の有料の保育に行かせたり、貯金したりする事が出来ます。

幼稚園の保育を使うのは、3歳児神話の支持者である夫からすると、はじめは不本意な事だったようですが、

行き始めて息子がとても楽しそうにしていて成長が見られるので、

こういう事のためにお金は使いたいと今では言うようになりました。

ただし、家の外観は結構みすぼらしく、おしゃれさのかけらもありません^^;

家の中もいわゆる昔の間取りで、私も夫もインテリアのセンスがないので、すごく地味です。

 

f:id:chiisaku:20160618224843j:image

 

弟夫婦は、それぞれ独身時代からインテリアが大好きで、結婚したら絶対大きくておしゃれな家に住むんだと夢見ていました。

そして、結婚して1年後には早速素敵な家を買いました。

弟の家は、外観もキレイだし、中も雑誌に出てきそうな洒落た雰囲気です。

まだ若い夫婦ですし、義妹は妊娠中に予定外に仕事を辞めてしまったので、月々の支払いは中々大変だそうです。

だから、早く子供を産みきって働きたいし、今の状態だと我が家のように子供を保育に行かせる事は出来ないと言います。

でも、思い描いた家に住む事が出来て、とても満足しているようです。

「姉ちゃんも一戸建てに引っ越せばいいのに、なんで?」としょっちゅう言われます^^;

 

結局、幸せの形は人それぞれ。

家は大きくても大きくなくても人は幸せになれる。

今のところ我が家は大きくない家がフィットするなぁと感じています。

 

読んで下さり、ありがとうございました^^