小さく穏やかに暮らしたい

物を減らして心穏やかに暮らしたい主婦の日記。

アナログなやり方もいい

より少ない物で暮らす方法のうちの1つに、電子化の活用があります。

私は本やCDをデータ化して、たくさんの持ち物を減らす事が出来ました。

私の場合は写真や日記もiPod touchの中に入っています。

 

夫は電気機器の類が苦手で、アナログなやり方を好みます。データより実物。

 

結婚して、家計簿をつけようとなった時、私はアプリを使って管理しようと考えました。

けれど我が家はお小遣い制ではなく、夫も私と同じように必要な分をその都度生活費から使うスタイルなので、一人でやるには限界がありました。

なので、夫がどこからか(おそらく100均?)買ってきたノートに二人で家計簿をつけています。

手書きでやるせいで、集計は電卓でしなければいけません。

(そこは経理職の夫に任せています)

アプリでやった方がスマートな感じがしますが、このやり方に愛着も感じています。

今月は飲み会が多かったなぁとか、

この日に散髪に行ったとか、

この時風邪ひいてて病院通いだったなぁとか。

夫の字で、彼の日常の些細な事が記録されていて、見ていると面白いです。

私や息子の事も記録してあるので、二人でたまに家計簿を見て、

「この月は調子に乗って遊びまくったね」とか「この月は風邪をうつしあって医療費がかかりまくったね」とか思い出話をします。

 

もう息子は2歳を過ぎているのだけれど、育児日記もアナログにつけていればよかったかなぁと今更ながら思います。

机に向かう余裕がなくて、アプリに記録するだけになっていました。

 

f:id:chiisaku:20160701201101j:image

 

息子が生まれて半年ほど経った頃、義母から大きな箱が送られてきました。

 

「これを息子のお嫁さんに渡すのが、昔からの私の夢でした」と手紙にありました。

夫の生まれた時から大学生になるまでのアルバム、誕生から1年間毎日日記が綴られたカレンダー、義妹が生まれた頃の日記(夫が赤ちゃん返りをして大変だった様子)、最後まできちんと書き込まれた母子手帳

 

慣れない育児で疲れきっていた私は、それを見て涙が止まらなかったです。

 

義母が初めての育児に悩み苦しみながらも、愛情たっぷりに夫を育ててきた事が胸に迫ってきて、これは私の宝物になりました。

 

あの時、自分もちゃんと形に残るように息子の事を残したい!と思ったのに、結局出来ていません。

もう遅いかもしれないけど、二人目も生まれるので、手書きの育児日記にチャレンジしたいです。

毎日は無理だと思いますが…^^;

 

息子たちが成長してから夫婦でそれを見て語り合ったり、

もしお嫁さんが来てくれたら義母がしてくれたようにプレゼントしたいです。

 

読んで下さり、ありがとうございました^^